大連賓館(旧大和ホテル)

大連賓館(旧大和ホテル)

旧満州一の有名なホテルです。ルネッサンス様式のバロック建築は一見の価値があります。
ラストエンペラー溥儀が宿泊した部屋や、迎賓庁、特別資料館などを見学します。
満州時代の欧風建築が残る中山広場にある、大連賓館(旧大和ホテル)は、日本人建築技師太田毅氏によって設計、南満州鉄道株式会社が1909年に着工、1914年に竣工したホテルです。
これまで、中曽根元首相、竹下登元首相、村山富市元首相など日本の要人も訪れたことのある歴史あるホテル。このほか、清朝最後の皇帝愛新覚羅溥儀、孫文の息子孫科、京劇の大師梅蘭芳、林彪、周恩来も滞在したことがあります。

ホテル予約

  • 大連遠洋洲際酒店
    インターコンチネンタル大連,2008年開業、48階建てのデラックスホテル。
  • 大連新世界酒店
    ニュー ワールド ホテル 大連,客室はシンプル かつスタイリッシュで、館内の設備も充実してい
  • 大連日航飯店
    ニッコウ 大連,旅に疲れた時に疲れを癒してくれる日系のホテルです。