南銃弾倉庫

南銃弾倉庫

1880年、北洋大臣李鴻章の極力主張のもとで"大清帝国"は旅順で軍港を建造始めてました。防衛能力を強めるため、陸地海岸で多所の砲台を構築し、百門近くの大砲を配備しました。――模珠礁砲台だけで8門の大砲を置きました。また、戦時のために弾薬倉庫も何基建てました。南銃弾倉庫はその中主要な1基です。南銃弾倉庫は、旅順の黄金山泳場と模珠礁の間に突出した海角に位置しています。外観面積はあまり大きくありません。東西長さ約50m、南北幅約20m(主倉庫の両側は、建東、西2基小倉庫に分けます)で、隠れている外観の下に、実は万m2近い大規模の弾薬倉庫があるとは思い付きにくいことです。倉庫の壁に刻まれてある「虎踞」、「龍盤」などいくつかの大きな字は李大臣の自筆だそうです。中には、鋳鉄古砲、中、俄各歴史時期の砲弾および不同型番大砲などが陳列されています。

ホテル予約

  • 大連遠洋洲際酒店
    インターコンチネンタル大連,2008年開業、48階建てのデラックスホテル。
  • 大連新世界酒店
    ニュー ワールド ホテル 大連,客室はシンプル かつスタイリッシュで、館内の設備も充実してい
  • 大連日航飯店
    ニッコウ 大連,旅に疲れた時に疲れを癒してくれる日系のホテルです。